エントリー
コメント
  -------------------------
カテゴリ
月別記事
リンク
プロフィール
その他
トラックバック

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

虫つれづれ@対馬

Insects of Tsushima Isl. >>>>since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
フタホシハナアブ
豆酘 2/14

R10にはマイセッティング機能があり,好みの設定をいくつか登録することができます。R4でもあったのですがダイヤルで切り替えられるのでとても便利です。(^^) 
…で,全く関係のないハナアブ画像…。
フタホシヒラタアブ
  ▲フタホシヒラタアブ Eupeodes (Metasyrphus) corollae -RICOH R10-

------------------------------------
内山 4/14

クロヒラタアブ
  ▲クロヒラタアブ Betasyrphus serarius -RICOH R10-

ナミハナアブ
  ▲ナミハナアブ Eristalis(Eristalis) tenax -RICOH R10-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオヒメヒラタアブ
久田 1/3

初記事は初撮りにしたいと思い,庭に出てみましたが寒くて何〜んにもおりません。 どうにか見つけたのはホソヒラタアブとオオヒメヒラタアブでした。 それでも感謝!

  ▲オオヒメヒラタアブ Allograpta iavana -Caplio R4-

今まで観察したハナアブについてはHP(対馬のハナアブ)の方にまとめていますが,今年は50種の大台の乗せたいと思っています。

  -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 10:32 | comments(3) | trackbacks(0) |
ケヒラタアブ
久田 11/30

朝の寒さのためか,見つけたときはうまく飛べなかったのですが体が温まると元気に飛んでいってしまいました。

  ▲ケヒラタアブ Syrphus torvus -Caplio R4-

ハナアブを撮るときは,できるだけ背面・側面・頭部正面・腹面を狙っているのですが…難し過ぎます。(^^;)

  -Caplio R4-


  -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオハナアブ
久田 11/29

今年よく見たハナアブのひとつ…オオハナアブです。 ズングリムックリした体型に橙黄色のストライプが目立ちます。

  ▲オオハナアブ Phytomia zonata -Caplio R4-


  -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
シマハナアブ
久田 11/22

庭の花にはホソヒラタアブばかり…。 たまにクロヒラタアブ・ナミハナアブなどがやってきます。

  ▲シマハナアブ Eristalis(Eoseristalis) cerealis -Caplio R4-


  -Caplio R4-


  -Caplio R4-


  -Caplio R4-


  -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 08:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
クロイワオビヒラタアブ
厳原(日吉) 11/14

やや大型のヒラタアブがいました。 捕獲できませんでしたが昨年の秋に豆酘崎で見つけたクロイワオビヒラタアブのようです。

  ▲クロイワオビヒラタアブ Eupeodes (Macrosyrphus) kuroiwae -Caplio R4-

------------------------------------------
尾浦 11/14


  ▲シマハナアブ Eristalis(Eoseristalis) cerealis -Caplio R4-


  ▲ナミハナアブ Eristalis(Eristalis) tenax -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 17:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
オオヒメヒラタアブ黒化型
豆酘崎 11/2

 が「変わったハナアブがいるよぉ…。」と言っていたのを無視していたら,本当に変わっていました。(^^;)  腹部が真っ黒です! 
よく見るとその他はオオヒメヒラタアブそのものなので,市毛さん(←リンク) に確認していただきました。

  ▲オオヒメヒラタアブ Allograpta iavana -Caplio R4-


  -Caplio R4-

オオハナアブ。 とにかく今年は豆酘崎にたくさんいました。 たくさんいたので採集数0,反省!

  ▲オオハナアブ Phytomia zonata -Caplio R4-

こちらはシマハナアブの♀。 「エ」の文字ですからね。

  ▲シマハナアブ Eristalis(Eoseristalis) cerealis -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 18:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
キゴシハナアブ
豆酘崎 11/2

キゴシハナアブは大好きなハナアブのひとつ…。 体はそう大きくはないのですが飛んでいるときの羽音は凄いです。
黒光りした胸部背面と縦筋模様…いいもんです。(^^)

  ▲キゴシハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus -Caplio R4-

複眼には不規則な点々があります。 複眼が離れているので♀です。 

  -Caplio R4-

筋模様がはっきりした個体。

  -Caplio R4-

こちらは複眼がくっついているので♂。 色彩も♀より明るいようです。 対馬では北から南まで全島で広く見られます。 
ハナアブの写真を撮り始めるまでは全くこの虫のことは知らなかったのですから,人の目というのは見ようとしたものしか見えてこないものなのですね。

  -Caplio R4-


  -Caplio R4-

mezaseguinessさんのブログに上五島のキゴシハナアブが載っていました。
| ハナアブ・アブ・ハエ | 07:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
落土のハナアブ
落土 11/1

鰐浦集落から「国境トンネル」を抜けると落土です。 トンネル出口付近の斜面にツワブキと薄い藤色をしたキク科植物が咲いていました。

  -Caplio R4-

mezaseguinessさんのブログによると上五島ではツワブキに結構ハナアブがやって来ているようですが,対馬では人気がないようです。 ホソヒラタアブが少しだけ見られる程度です。
キク科の方がいいみたい…。

  ▲キゴシハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus -Caplio R4-

腹部背面黄色の部分の出方からシマクロハナアブではないかと思います。 現在,市毛さんに確認をお願いしています。 シマクロハナアブだと(私的)対馬未記録種です。(^^)

  ▲シマクロハナアブ Eristalis(Eoseristalis) arbustorum -Caplio R4-

こちらは♂のようですが,シマハナアブなのかキョウコシマハナアブなのか難しいところです。 ♀は腹部背面がカタカナの「エ」になればシマハナアブなのですが…。 ?付きです。

  ▲キョウコシマハナアブ? Eristalis(Eoseristalis) kyokoae -Caplio R4-
追記:11/5】
mezaseguinessさんのご指摘により元画像を再確認! 下記に訂正します!
  シマハナアブ Eristalis(Eoseristalis) cerealis 


  ▲アシブトハナアブ Helophilus(Helophilus) virgatus -Caplio R4-

昨年たくさんいたケヒラタアブを1頭も見ません。 年によってこれほど違うとはびっくりしました。 ハナアブも奥が深いようです。
| ハナアブ・アブ・ハエ | 06:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハナアブ少ないなぁ〜
豆酘崎 10/11

対馬の下島はハナアブも少ない感じです。 
このハナアブは前に一度豆酘崎で見たことがあります。 名前の確定は難しそうです。

  ▲コヒラタハナアブ属の1種 Pipiza sp. -Caplio R4-


  ▲キョウコシマハナアブ Eristalis(Eoseristalis) kyokoae -Caplio R4-
訂正10/15】mezaseguinessさんご教示
  ▲シマハナアブ Eristalis(Eoseristalis) cerealis

ナミハナアブに負けないくらいたくさんいました。

  ▲オオハナアブ Phytomia zonata -Caplio R4-
| ハナアブ・アブ・ハエ | 19:40 | comments(4) | trackbacks(0) |