エントリー
コメント
  -------------------------
カテゴリ
月別記事
リンク
プロフィール
その他
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

虫つれづれ@対馬

Insects of Tsushima Isl. >>>>since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
<< トラフヒトリ(虎斑火取蛾) | main | ムネマダラトラカミキリ >>
コウライコモチマンネングサ
安神・尾浦 5/17
午前中は仁位で会議,スーツでなければそのまま動けるのですが流石にそれは嫌なのでとんぼ返りしました。
近場として安神・尾浦を選びました。 安神はanbowさんがバス停付近でクロツを見つけているのですが食草がありません。 うろちょろしましたが集落の道端にメキシコマンネングサが植えてあっただけでした。
一方,尾浦は海水浴場のゴロゴロした石の隙間にわずかですが,コウライコモチマンネングサを見ました。 こんな感じです。

  ▲コウライコモチマンネングサ Sedum rosulatabulbosum -Caplio R4-

花です。

  -Caplio R4-

ツメレンゲやタイトゴメは見つけることはできませんでした。
| クロツバメシジミ | 07:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
これがコウライコモチマンネンですか!
始めて見ました。アップされて非常に分かりやすいです。
自分の家の庭には、ただのコモチマンネンが生えていますが、
見比べてみます。
植物は、季節により非常に見栄えが変わりますので、色々な時の表情もチャンスがあったら見せて下さい。お願いします。
アオノイワレンゲとツシママンネンもお願いします。
| himesijimi | 2008/05/19 5:08 PM |

himesijimiさん
植物に詳しい方のお話では,今はコウライコモチマンネングサもコモチマンネングサも区別できないそうです。 
ネットなどで調べてみても同種扱いをしているサイトがあります。詳しいいきさつは分かりません。コモチマンネングサとするのがいいのでしょうね。反省です。植物は難しくてよう分かりません。
アオノイワレンゲはいいのですが,ウンゼンマンネングサとツシママンネングサの関係も似たような感じです。日曜日にウンゼン(ツシマ)マンネングサを撮ってきたので後でアップしますね。
| yohbo | 2008/05/19 6:51 PM |










http://blog2.yohbo.main.jp/trackback/744228