エントリー
コメント
  -------------------------
カテゴリ
月別記事
リンク
プロフィール
その他
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

虫つれづれ@対馬

Insects of Tsushima Isl. >>>>since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
アキマドボタル
小茂田 10/12

今年はアキマドボタルを見に行こうと思っていたのですが,何やかんやでこの時季になり反省です。 とっても肌寒い夜で,全く飛びません。 草むらでようやくオスを3個体ほど探し当てましたが♀は見つけることができませんでした。 来年は9月末から10月頭です。

  ▲アキマドボタル Pyrocoeria(Lychnuris) rufa -Caplio R4 speedlight-


  -Caplio R4 speedlight-

♀は拙サイトのこちらをどうぞ。→ アキマドボタルの♀
| ホタル | 06:59 | comments(5) | trackbacks(0) |
アキマドボタルの幼虫
伊奈 10/1
アキマドボタルの幼虫です。 

  ▲アキマドボタル Pyrocoeria(Lychnuris) rufa -Coolpix 4500-

この日は風もなく絶好の日和だったのですが1頭の成虫を見ただけでした。
| ホタル | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマヒメボタル
美津島町加志 6/9
今日は昼は上方面を散策し,夜はヒメボタルを見に行ってきました。 現地に着くと十人を超える人たちが集まっていました。 関心の高さにちょっとビックリ!

  ▲ツシマヒメボタル Hotaria tsusimana -Coolpix 4500-

このヒメボタルはツシマヒメボタルとして対馬特産の独立種となっていますが,最近の研究ではウンモンボタルHotaria unmunsana Doi と同一種である可能性もあるそうです。 体長8ミリ程度の小さなホタルですが,発光はフラッシュ光でおよそ1分間に80回発光し,ゲンジボタルなどとは全く趣を異にします。

  -Coolpix 4500-

いずれの画像も一時捕獲して撮影したもので自然の状態ではありません…。 みんなでワアワア言いながらデジカメで撮ったり,子どもたちにも見せてあげられてよかったと思います。
| ホタル | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタル@保存画像
2004.9.16・22
対馬の秋の風物詩…。 大陸系の陸生大型ホタル。 ♀の翅は退化しウジ状の異様な形態をしている。

  ▲Pyrocoeria(Lychnuris) rufa ♂


  ▲中齢幼虫

♀はこちらにいます。
  ↓
http://yohbo.main.jp/ruikei/a_tsushima_tairiku/a_tsushima_tairiku.html
| ホタル | 19:12 | comments(5) | trackbacks(0) |
オバボタル
成虫になると光らないし,昼間活動するのでとてもホタルの仲間だとは思ってもらえないでしょうねぇ…。

  ▲オバボタル

【追記:2008/3/25】
| ホタル | 18:17 | comments(3) | trackbacks(1) |
ツシマヒメボタル@加志
士富(Shitomi)
土曜日はhidebowさんプロデュースによるホタルの観察会でした。 集合時間の7時30分ちょうどに厳原町士富に到着。 すでに30人を超える皆さんが集まっていました。「おいーちゃ。」「おいいーねぇ。(多いですね)」・・・。 顔見知りの人も何人かおられてご挨拶です。
時折強い風が吹きますが,8時を過ぎた頃からゲンジボタルが飛び始めました。昨年の台風による大水の影響で今年は数的には少ないということです。 小1時間ゲンジボタルを堪能して,いよいよ主目的のツシマヒメボタルであります。

加志(Kashi)
ツシマヒメボタルは発見当時,大陸にいるパパリボタルとの関係を取りざたされていましたが,今では独立種として扱われているようです。 さて,加志の生息地ですが,集落の奥の神社社叢がポイントになっています。 観察の時間帯は10時から11時がベストだそうです。
あいにく現地に着く頃に雨が降り出しました。 気温も下がってきたました。 昨夜の下見では結構数がでたらしいのですが,今夜は時折数頭が光っている状況です。 発光はメタリックな青白いフラッシュ光で強烈です! とても体長8ミリ程度のホタルが出す光とは思えません。 映像でお見せできないのが残念です。

たまたま近くに舞い降りたのを,優しいおじさんが教えてくれました。

  ▲ツシマヒメボタル  Hotaria tsusimana Nakane,1970

橙黄色の前胸と大きい複眼が印象的です。

  ▲目が愛らしいでしょう…。

撮ってみて,翅の中央部が凹んでいることに初めて気づきました。


今回は雨と低温で残念な結果でしたが,7月上旬まで見られるので機会を改めたいと思います。 お世話してくださったhidebowさん,Y田さん,そして撮影に協力してくださったおじさん,ありがとうございました。
  
| ホタル | 19:25 | comments(12) | trackbacks(0) |