エントリー
コメント
  -------------------------
カテゴリ
月別記事
リンク
プロフィール
その他
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

虫つれづれ@対馬

Insects of Tsushima Isl. >>>>since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
イタドリハムシ
西津屋 4/5

昔はクサイチゴの花には色々な虫が集まってきていましたが最近は寂しい限りです。 特に,トラフシジミの姿が見られないのは残念です。
イタドリハムシ
  ▲イタドリハムシ Gallerucida bifasciata -RICOH R10-


| ハムシ | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
虫いろいろ-2+鳥
久田 4/13
庭で見つけた小さな直翅類の幼生。 バッタじゃなくてキリギリスの仲間でしょうか。

  -Caplio R4- 

春先によく見るイタドリハムシ。 ネットで見ると紋の色が赤っぽい奴がよく載ってますが,私にはこのように黄色い方が普通です。 対馬には赤いイタドリハムシはいるのでしょうか?

  ▲イタドリハムシ Gallerucida bifasciata -Caplio R4-

ハムシとはいえ,なかなか厳つい顔つきをしてますね。

  -Caplio R4-

太田浜(美津島町) 4/13
クサイチゴ花に何かおらんかなぁ〜と見ていると,黒いのが来ていました。 「こりゃ,真っ黒いハナアブじゃぁ!」と撮ったのはいいのですが,よく見てみると触角がハナアブとは違うみたいです。 ハエ??

  -Caplio R4-

こっちはハナアブ。

  ▲アシブトハナアブ Helophilus(Helophilus) virgatus -Caplio R4-


  -Caplio R4-

クサイチゴ花に一番たくさん来ていたハチです。 脚のふさふさが凄いです。

  -Caplio R4-

おまけの鳥さん。 
http://twcc.cool.ne.jp/bird/joyful/joyful.cgi
こちらで教えていただきました。 油で汚染されていたのか,盛んに羽をばたつかせていました。

  ▲オオハム Gavia arctica -Caplio R4-

| ハムシ | 06:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハムシ3種
豊玉町 6/10
ヒョウモン探索の合間にワラビに付くというツシマコメツキモドキを探したのですが,おいそれと見つかるものではないようです。 代わりといってはなんですがハムシがいたので撮ってみました。 普通種のようですが色彩がいいですね。 同定は,・・・・・まあ大丈夫でしょう。

  ▲キイロナガツツハムシ Smaragdina nipponensis -Caplio R4 speedlight-


  ▲ルリクビボソハムシ Lema cirsicola -Caplio R4-


  ▲ヤマイモハムシ Lema honorata -Caplio R4-
| ハムシ | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナガトビハムシ?
樫滝 5/7
目指せギネスさんのブログに載っていたハムシによく似ています。 R4のズムマクロはノイズが強くよろしくありません。

  ▲ナガトビハムシ? Liprus punctatostriatus -Caplio R4 zoom-macro-

これだけ斑紋ははっきりくっきりだったら調べるのも簡単です。

  ▲ヒメジュウジナガカメムシ Tropidothorax belogolowi -Caplio R4-

鰐浦 5/12
鰐浦の湾岸沿いに走っている道路を奥まで行ってみました。 アワビの養殖場近くの崖でツメレンゲを発見…。 第2化の最盛期に確認してみなければなりますまい。

  ▲環境 -Caplio R4-


  ▲ツメレンゲ -Caplio R4-

この日,数カ所クロツの発生地を回りましたが成虫は確認できませんでした。 完全に端境期に入っています。
| ハムシ | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ついにget! トゲトゲファイヤー
今日の昼間は天気が良さそうです。HPの掲示板でKさんが峰町でケ○○○○○を見つけられたというので行ってみることにします。

もちろんお目当ては2006年野外観察7のポイントの1つであるトゲトゲファイヤー(愛称)であります。正式和名はツシマヘリビロトゲハムシ Platypria melli Uhmann,1955 です。対馬の生物(1976)によると「南シナから発見記載された大陸系の珍しい種」で日本では対馬だけに生息するハムシということです。
それだけでも興味をそそられるのですが,一番びっくりするのはその姿形であります。 実物を見ると,なぜKさんがトゲトゲファイヤーと命名したかがお分かりになると思います…。
それではご覧に入れましょう!
飛翔中の個体を偶然にもネットインしたものであります。

  ▲ツシマヘリビロトゲハムシ Platypria melli Uhmann,1955

トゲが炎のように見えるでしょうか?
今回じっくり別角度で撮ってみたら,何と上翅にも4対のトゲが立っているのを発見しました。 とんでもなく珍奇な昆虫であります。

  ▲上翅のトゲトゲ 体長6mm程度の小さなハムシ

結局,ケ○○○○○は見つけることができませんでした。 もっと奥まで入らないとダメなのかもしれません。 わずか1頭でしたが生涯初の昆虫で久しぶりに興奮しました。





| ハムシ | 15:38 | comments(6) | trackbacks(0) |