エントリー
コメント
  -------------------------
カテゴリ
月別記事
リンク
プロフィール
その他
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

虫つれづれ@対馬

Insects of Tsushima Isl. >>>>since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
ヒメバチ?(キコシホソハバチでした!)
豆酘 4/18

ヒメバチの仲間でしょうか? 奇麗な紋様をしたハチがいました。
ハチの仲間
  ▲ヒメバチの一種 -RICOH R10-

ハチの仲間
  -RICOH R10-

ハチの仲間
  -RICOH R10-
4/21追記】Aclerisさんのご教示により キコシホソハバチ Tenthredo mortivaga

※このブログの容量が限界に近づいています。





| ハチ | 19:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
ニホンミツバチ
上槻 3/1

対馬のミツバチの作る蜜は絶品です。 でもそれなりに値が張ります。 在来種のニホンミツバチなので,セイヨウミツバチが持ち込まれないことを願っています。
山道沿いでよく見られる蜂洞…。 個人で設置する人がほとんどのようです。 丸太をくり抜いて作ります。
蜂桐
  ▲蜂洞 -Coolpix 4500- 2004.04.11 上県町瀬田

暖かくなってきたのでたくさん飛び回っていました。
ニホンミツバチ
  ▲ニホンミツバチ Apis cerana japonica -EXILIM EX-FH20-


  -EXILIM EX-FH20-
| ハチ | 21:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
キイロスズメバチ
志越 11/1

気温が低いからか,スズメバチがじっとしていました。 いつかスズメバチの♂を手づかみしてやろうと思っているのですが,♂バチ・働きバチ・女王バチの区別がはっきり分からない内は,うかつに手が出せません。 ♂は触角が長いということだけでは…。(^^;)

  ▲キイロスズメバチ Vespa simillima -Caplio R4-


  -Caplio R4-


  -Caplio R4-
| ハチ | 06:22 | comments(8) | trackbacks(0) |
コモンツチバチ
小茂田 10/12 

対馬のソバは「対州そば」と呼ばれ,食通には少しは知られているようです。 ソバの白と黄金色の稲穂,なかなかのコントラストです。

  -Caplio R4-
 
ハナアブも集まってくるのでときどきチェックしているのですが,今年はよろしくありません。 ナミハナアブ・オオハナアブ・ホソヒラタアブが目立つ程度です。
腹部が目立つハチがいたので撮ってみました。 「蜂類情報交換BBS」やLoboさんのご教示によって種名が分かりました。 ありがとうございます。

  ▲コモンツチバチ Scolia decorata -Caplio R4-


  -Caplio R4-

チョウは,この時期は他にこれといっていい蜜源がないので仕方なく集まってきているという感じです。 

  ▲ミドリヒョウモン Argynnis paphia -Caplio R4-

-----------------------------------------
加志 10/12

どちらかというと対馬では少ないハナアブ…。

  ▲ホシメハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) tarsalis -Caplio R4-
| ハチ | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオフタオビドロバチ
豆酘崎 10/11

スカバガがらみでハチにも目が行くようになりました。 本当はせめて図鑑とにらめっこしたり,ネット検索したりして自前で頑張るのが基本なのは分かっているんですが……。
webサイト「蜂が好き」の蜂類情報交換BBSでお尋ねすると,何と拙ブログでもお世話になっているみつきさんからご教示いただきました。 ありがとうございます。

  ▲オオフタオビドロバチ♀ Anterhynchium flavomarginatum -Caplio R4-

BBSでは,みつきさん所蔵の対馬産と本土産,似た種のハグロフタオビドロバチ・エントツドロバチの標本画像付きです。 興味のある方はのぞいてみてください。
対馬のオオフタオビドロバチの腹部黄帯の変異は個体差があるとのことです。
| ハチ | 07:55 | comments(8) | trackbacks(0) |
フタモンアシナガバチ
佐護 10/4

来年はハチの仲間もできるだけ撮っていきたいと思っています。
極普通種のアシナガバチです。

  ▲フタモンアシナガバチ Polistes chinensis -Caplio R4-


  -Caplio R4-

この前,長く使っていたR4を壊し,新しいR4を手に入れたのですがR10が気になり始めています。 speedlight が調光できるのはとっても魅力です。
| ハチ | 18:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハグロフタオビドロバチ
峰町 9/27

一瞬,スカシバガ? と思いましたがドロバチでした。 オオフタオビドロバチでもオオカバフタスジドロバチでもないようです。

----------------------------------------
追記:9/28】 みつきさんより,次のようなコメントを頂きました。 ありがとうございました。
  「・・・・ハグロフタオビドロバチのオスだと思います。・・・・」
記事題を種名に変更しました。
----------------------------------------


  ▲ハグロフタオビドロバチ Anterhynchium melanopterum  -Caplio R4-

ヒメアトスカシバはこのドロバチの仲間に擬態していると考えられています。 

  ▲ヒメアトスカシバ  Nokona pernix -Caplio R4-
  (2007.6.30 厳原町豆酘崎
| ハチ | 08:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
触角に特徴のあるハチ
佐護 12/23
予報では曇り⇒晴れだったのに朝から日が差しています。 
風は当然冷たいのですが気温は11℃でまずまずです。
佐護のハナアブポイントはフタスジヒラタアブの姿が消えました。 たまたまなのか本当にいなくなったのかはまだ分かりません。 触角と複眼辺りに特徴のあるハチがいたので撮ってみました。 体長20mm程度…。

  -Caplio R4-
| ハチ | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
近場散策
いよいよ3連休ですが天気は今ひとつ…。 風も強そうです。
今日も近場で撮った画像です。

  -Caplio R4 speedlight-

モミジの若葉を綴っていますが,何者でしょう? 指で触ると空ではありません。 しばらく様子を観察してみることにします。
続いて小蛾を捕獲した蜘蛛さんです。

  -Caplio R4 speedlight-


  ▲ハチの1種 -Caplio R4-


  ▲コアオハナムグリ -Caplio R4 zoommacro-

最後は夕方撮ったカミキリムシ…。 タケトラカミキリかな?

  ▲トラカミキリsp. -Caplio R4 speedlight-
  【4/28追記シロトラカミキリ Paraclytus excultus (目指せギネスさんご教示)


明日は午前中は所用でつぶれます。 午後はどこへ行こうかな?
| ハチ | 19:11 | comments(2) | trackbacks(0) |